スポンサーサイト

  • 2017.02.06 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    『パビリオン山椒魚』初日舞台挨拶。

    • 2006.09.17 Sunday
    • 19:47
    映画『パビリオン山椒魚』初日舞台挨拶に、行ってきました。

    2回目の上映前の舞台挨拶でしたが、登場したのは
    冨永昌敬監督
    オダギリジョーさん
    香椎由宇さん
    光石研さん
    KIKIさん
    キタキマユさん
    斉藤陽一郎さん
    杉山彦々さん
    津田寛治さん
    菊池成孔さん

    津田寛治さんの舞台挨拶は2回目のみだそうで、ちょっと嬉しいw

    オダジョーってば、カッコイイ!いい意味で只者じゃないって感じ(ファンの方ゴメンなさい)。
    香椎由宇さんの顔の小ささにビックリ!めっちゃ顔小さいの、ホントに。

    舞台挨拶ちぅのインタビューでは、司会者さんが監督やオダギリジョーさんや香椎由宇さんにコメントを求めるんだけど、会話のキャッチボールが…なんだか…ちょっと…
    でも、そんな感じが見ててなんだか微笑ましいっていうか…(笑)
    個人的には、高田純次さんや麻生祐未さんにも登場してほしかったです。
    あ、そしたらメインキャスト全員だ…
    でもそれもいいよねぇ〜

    個性派揃いの出演者さんたちだったので、みなさんなにげにツボだったんですが。
    なによりお目当ては、斉藤陽一郎さんですよ。
    覚えているかぎりでは、『自殺マニュアル2中級編』以来の舞台挨拶?
    『天国の本屋〜恋火〜』とか『亡国のイージス』では舞台挨拶には出演していないですよね?
    だとしたら、2年半ぶりくらいになる?
    ラフなイイ感じにスタイリングした長めの髪にスーツ姿で、登場した斉藤さん。
    超カッコイイ〜めちゃめちゃカッコイイ〜!
    いつもカジュアルな感じのビジュアルを見かけるコトがほとんどなので、スーツ姿の斉藤さんにはいつもとはまた違った魅力を感じました。

    んで、映画のオハナシ。
    映画の前半と後半で、雰囲気がガラッと変わります。
    「?」となったとしても、何も考えずにそのままついていったほうがおもしろいかも。
    舞台挨拶の時の菊池さんのコメントいわく
    「軽くアタマの狂った映画」
    とのコトでしたが、まさにそんな感じの印象を受けました。
    好き嫌いはあるかもしれませんが、好きな人はハマると思います。
    興味ある方は是非!

    実は、初日舞台挨拶ってまったくの初めてで。
    すごいっすねーカメラの数、ビックリしましたよ。
    あまりのカメラの多さに、この映画が「どれだけ注目されてるか」を改めて知りました。
    取材撮影の時、みなさん緊張した面持ちでカメラの前に勢揃いしていましたが、ただひとり満面の笑みでカメラの前に立っていたのは津田寛治さん。
    カメラの方向によっては、笑顔をビミョーに変えていた(笑)。
    登場時の舞台に上がる時もひとりだけつまづいてたし、おちゃめさんだ(笑)>津田さん。

    『パビリオン山椒魚』VOL.4

    • 2006.07.18 Tuesday
    • 22:50
    斉藤陽一郎さんファンのみなさま〜w

    斉藤さんの出演映画『パビリオン山椒魚』の公開日が、9月16日に決定したそうですよ〜!

    もうすぐ斉藤さんに会える〜、嬉しい♪

    あ、バナー張ってみました。
    斉藤陽一郎さんファンの方も、そうでない方も。
    このバナーに興味のある方は、是非!





    何度やってもトラバできない〜なんで〜ヽ(`Д´)ノムキーーーーーー

    キセキ。

    • 2006.06.19 Monday
    • 22:18
    いつものように、電車を待っていた。

    いつものように、電車の扉が開く。

    キセキは、そこで私を待っていた。


    扉のすぐそばに、あの人が立っていた…


    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    帰りの電車の中で、某俳優さんを見かけました。

    顔立ちもめちゃくちゃキレイだし、なんといってもカッコイイ♪
    やっぱ、俳優さんだね。
    もともと目ヂカラの強い俳優さんだな、とは思っていたけれど、メガネ(黒ブチのセルフレームw)をかけていても目ヂカラの強さは相当なものでした。
    いつもは映画のスクリーンやテレビのブラウン管や雑誌の記事などでしかお目にかかれない人なので、いざ本人がすぐそばにいる!となるとなんだかもうそれだけでドキドキしちゃって、思わず顔がニヤけそうになるのをこらえるだけで精一杯…
    あちらのほうが先に電車を降りましたが、ホームを歩く姿もステキだったw

    唯一の心残りは、そんな時に限って髪はあちこちハネてるし服装もなんだかイマイチなワタシ…
    そんなワタシを見て、カレはどう思ったんだろう…
    これからは、もちっと小ぎれいにしようと心に誓ったワタシです。

    生きていれば、いいコトってちゃんとあってくれるのね。
    神サマ、ありがとうw

    『パビリオン山椒魚』VOL.3

    • 2006.06.15 Thursday
    • 22:05
    斉藤陽一郎さんファンのみなさま〜w

    映画『パビリオン山椒魚』の公式サイトにて、舞台挨拶の続編がうぷされてます。

    今回は、かなり詳しいです。

    斉藤さんと富永監督とのやりとりについても、掲載されてますw

    salamandreさん、ありがとうです<(_ _)>

    ちゃんと伝えて。

    • 2006.06.15 Thursday
    • 01:50
    またしても、映画ネタ。

    「バトル・ロワイアル」、ハリウッドでリメイク

    映画公開当時は「中学生同士が殺し合いをする」ということばかりが強調されていましたが、本質はその内側にちゃんと描かれていたはずです。
    たしかに残酷なシーンもあったのですべての人が支持できる映画だとは思いませんが、そんな中でも深作欣二監督が本当に伝えたかった部分を理解していた人は多かったと思います。

    ハリウッドでリメイクされても、バイオレンスシーンばかりが強調されるのではなく、深作欣二監督がいちばん伝えたかったことを伝えられる映画になってほしいと思います。 

    情けないったら、もう。

    • 2006.06.15 Thursday
    • 01:30
    スタンド・バイ・ミー思い線路侵入

    映画「スタンド・バイ・ミー」ファンのひとりとして、ヒトコト。

    映画、最後までちゃんと観ましたか?
    ストーリー、ちゃんと理解してますか?
    おそらく真似したであろうシーンは、別に思い出作りのための行動じゃないし。
    あのシーンを通して、少年たちは友情を深めて確かめていくんだよ。
    見てるほうも、すごくドキドキするシーンなんだから!

    大 学 生 に も な っ て 、 な に や っ て ん だ よ !

    恥を知れよ、恥を。

    (≧▽≦)

    • 2006.06.11 Sunday
    • 03:13
    こないだ、映画『パビリオン山椒魚』の公式サイトのブログの記事にトラバしたんですよ。
    その記事の最後のほうに
    p.s. 最近お出かけが増えたSalamandre。
       今度はあなたのブログにお邪魔します。
       次はどこへ行くのやら。。。

    という記述があったので、何だろ?と思ってたら。

    そしたらホントに、映画「パビリオン山椒魚」のsalamandreさんにご訪問いただきました!

    ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

    いらっしゃいませ〜w

    うれすぃコトに、なんとコメントまで残していただいて…

    あざーず<(_ _)>

    ↓salamandreさんのコメントは、こちら↓
    『パビリオン山椒魚』VOL.2

    映画公開が、ますます楽しみになってきたw

    >salamandreさん
    もしよかったら、また遊びに来て下さい<(_ _)>

    やっぱり日劇は映画館でしょw

    • 2006.06.05 Monday
    • 23:08
    横浜日劇が再生へ、再生準備委員会を設立し映画上映会

    横浜にある、映画「私立探偵濱マイク」シリーズでおなじみの横浜日劇が、再び映画館として復活します!

    日劇の斜め前にある映画館「シネマ・ジャック&ベティ」は、昨年の夏に既に映画館として復活していたのに、日劇がイベントスペースとして運営されてたコトがめっちゃもったいない!と思ってただけに、このニュースは非常にうれすぃモノであります。

    シネコンがいろんな場所にオープンして、キレイでゆったりとした座席で映画が見られるようになったけれど。
    その影響めっちゃ受けて、昔からの老舗の映画館がどんどんなくなっていっちゃって。
    My地元だけでなく、全国的にそんな感じらしい。

    シネコンにはシネコンのよさがあるコトは、もちろんなんだけど。
    昔からの映画館にも、いいトコロはたくさんあるワケで。
    どっちかにするのではなく、お互いのいいところを尊重して共存していくコトができたならいいのになぁ。

    『シネマ・ジャック&ベティ』復活。

    • 2006.04.22 Saturday
    • 13:22
    My地元にも、いろんな場所にシネコンがオープンしてきてて。
    そして、昔からあった映画館がどんどんなくなっていっちゃって。

    嬉しくもあり、残念でもあり。

    2005年2月に惜しまれつつ閉館された、横浜にある映画『濱マイクシリーズ』でおなじみの「横浜日劇」と、日劇の向かいの通りにある「シネマ・ジャック&ベティ」。
    昔からのなじみの映画館がなくなってしまった、とものすごく残念だったんだけど。

    いつのまにか、復活してたのね。

    昨年の8月に、「シネマ・ジャック&ベティ」は再び映画館として「横浜日劇」はイベントスペースとして、再オープンしていたんだそうです。

    嬉しい話ぢゃありませんかゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ

    「横浜日劇」の復活が、映画館としてではないコトが唯一の残念ではありますが。
    どうやら外見はそのままのようなので、それだけがせめてもの救いかな。
    最終的には映画館として存続してほしいと思うけど、ムリかなぁ…

    個人的には、『関内MGA』(旧「関内アカデミー」)と『横浜西口シネマソサエティ』の復活を希望してます。
    どちらの映画館も、いわゆる「単館ロードショー」系の作品だけでなく、メジャーマイナー新旧問わずいろんな作品を上映する映画館でした。
    これらの映画館で上映される作品に影響を受けた、という人は、きっと多いと思います。
    ちなみに私もそのひとりですが(笑)、個人的事情はさておき。
    どちらの映画館が諸事情により残念ながら閉館してしまいましたが、横浜の映像文化の発展には重要な場所だと思うので、是非復活を!と願わずにはいられません。
    復活してくれたらイイなぁ…

    映画検定。

    • 2006.03.30 Thursday
    • 23:59
    映画検定だって。

    キャッチフレーズは、『映画を知って、もっと映画を楽しもう!』

    公式教材まであるという、本格っぷりw

    映画好きだし、観に行くほうだと思うけど。

    こんな検定をキッカケに、もっともっと映画を好きになれたらいいかも。

    受けてみようかな。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    ブログペット

    占いモンキー

    音ログ。

    My占い師。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    東京マリーゴールド
    東京マリーゴールド (JUGEMレビュー »)

    斉藤さんの出演場面は少ないですが、そのさりげなさがイイんですw

    recommend

    弟切草 特別編 インタラクティブエディション
    弟切草 特別編 インタラクティブエディション (JUGEMレビュー »)

    斉藤さんが撮影した画像が、映画のワンシーンとして使われてますw

    recommend

    Helpless
    Helpless (JUGEMレビュー »)

    斉藤陽一郎さん映画デビュー作品。

    recommend

    ユリイカ(EUREKA)
    ユリイカ(EUREKA) (JUGEMレビュー »)

    時間は長いですが、観る価値あります。

    recommend

    昭和歌謡大全集
    昭和歌謡大全集 (JUGEMレビュー »)

    斉藤陽一郎さんと出逢った作品w

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM